プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、ダウは下落しての引けとなっています。アジア株の軟調やFOMCを控えて調整売りが意識されています。ただ、大きな動きにはなりにくい状況で、様子見ムードが強まっています。米国の金融政策に対する思惑が意識される中で、動きにくいところではあります。ただ、原油価格が下落しており、上値を押さえやすい状況にあることは意識しておいたほうが良さそうです。また、株安を受けてドル円は下落しており、今日の東京市場の上値を抑えそうです。ただ、繰り返しにはなりますが、今週の木曜日にFOMCが開催されることもあり、東京市場もその結果を見極めたいとの思惑が広がりやすい状況です。積極的にはポジションを取りにくい局面であることは意識しておいたほうが良いのではないかと思っています。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足はバンドの中心線を意識しての動きとなっています。上値を抑えられており、バンドの下限まで下落する可能性もありそうです。バンド幅は縮小傾向であり、目先は大きな動きになりにくそうです。中心線を抜けるかどうかがポイントになっていきそうですが、やや厳しい動きとなっていることも事実です。RCIで見ると、短期線は高値圏での動きとなっています。天井打ち気配から再度持ち直しており、短期的には買い優勢といったところです。これが高値圏での動きを維持できるかがポイントに成なそうです。一方、中期線は下値圏での動きです。ただ、底打ちからじり高基調となっており、中長期的には徐々に下値の堅い動きとなっていくでしょう。一時的には下落してもバンドの下限をブレイクしての動きにはなりにくいのではないでしょうか。ユーロドルはじり高基調となっています。ただ、目先はやや上値の重さが意識されています。バンドの中心線を意識しての動きであり、バンド幅の縮小傾向も相まって方向感は見えにくいでしょう。RCIで見ると、短期線は上昇基調となっています。高値圏での動きであり、横ばいとなるのか、天井打ちとなるのかで流れが変わってきそうです。一方、中期線は天井打ちからのじり安基調を継続しています。中長期的には売られやすい地合いであり、短期線が天井打ちといった動きになった場合は危険でしょう。
スポンサーサイト

コメント

大変です!日本円に大暴落の危機が迫っているそうです。

こりゃあ大変なことになりそうです。

オワタ 

http://ajmdtgm.publog.jp/archives/jpyen_crash.html

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |