プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

かなり振り回される展開が続いています。為替相場のテクニカル分析をもって世界経済全体を見るのは乱暴ではありますが、その乱暴を押し通しのであれば、まだ下値余地はあるものの徐々に持ち直していくのではないかと思っています。中国経済の先行きは依然として不透明ではありますが、取り敢えずのアク抜けはすんだのではないかと思っています。とは言え、とは言え、ここまで急激な乱高下の後であり、すぐに落ち着いてくるというのもなかなか難しいでしょう。ゆっくりと見極めていきたい所ではあります。下値余地が残っている以上、少しくらい出遅れてもいいや!ってレベルで考えたほうが良いのではないかと思っています。

仮に勝負に出るのであれば、大きく下落した時に勝負に出るのが良いのではないかと思っています。これはそろそろ下げ止まってくるといった見方に賛同できるのであれば、といった条件がつきます。逆にさらに下げるというのであれば、上昇したところを売る感じでしょう。いずれにせよ、ここから反対方向に急激な動きにはなりにくいのではないかと思っています。であれば下げてきたところを買い下がっていく、というのが良いやり方ではないかと思っています。まだ市場が完全に落ち着いていないようにも思うので、全力で入るよりも、ゆっくりと様子を見ながら、撤退のポイントなどを考えながらの参入が良いかと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |