プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

原油が荒っぽい動きとなっています。マイナス圏での動きから一転して大幅上昇となり、47ドル台を突破しての動きとなっています。ちょっと今日の動きはわけがわからないですね。

ただ、原油価格がこのまま上昇ということになれば、経済にとっては悪影響というわけでもなさそうな所です。個人的には何度か指摘していますが、原油価格の下落が関連銘柄の株価を押し下げ、相場全体にリスク回避的な思惑を強める一因となった、といった見方をしています。であるならば、原油価格が上昇すれば、その上昇の程度にもよりますが、現状の株安は和らぐのではないかと見ています。もちろん、中国の状況が原因として意識されていますし、さらに言えば市場もそういった理解であると思いますが、中国だけでここまでの状況となるかというと、それもまた疑問だと思っています。米国の利上げなど、様々な要因が複雑に絡み合って、そしてあるきっかけのもとに急落といった動きになったのかと思います。もちろん中国が!と言っておけば説明は楽なのですが・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |