FC2ブログ

プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

米中貿易摩擦

ここにきて再び米中貿易摩擦に対する警戒感が強まっています。この問題に関してはかなり長期化しており、着地点が見えません。米国が有利に進めているようですが、中国としても引くに引けないところとなっています。一進一退の攻防を繰り返していますが、米国の中間選挙が終わるまではこういった推移が継続するようにも思われるところです。

米国に関してはやはりダウの堅調など、経済が良い状況となっている点が強気の姿勢を崩さない要因でしょう。米国が突っぱねるとやはり中国としては苦しいところです。対抗手段をとっていますが、なかなか思うに任せないといったところでしょうか。共和党の支持基盤を狙って行ってはいますが、それも限度があるといったところでしょうか。チキンレースの様相を呈していますが、中国サイドが折れる可能性のほうが目先は高いように思われます。

どちらが折れるにしても、経済にとってはプラスとみなされるものと思いますので、一時的には株価の押し上げ要因にはなりそうです。ただ、政権運営という点においては折れた場合は支持を失いかねないものであり、なかなかその落としどころが見えないといったところかと思います。
スポンサーサイト

 | ホーム |