プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

米国債利回り

米10年債利回りが昨日、一気に3%を突破し、さらに今日も上値を拡大といった動きです。米国の年内の利上げ回数が4回となるのでは?といった思惑が市場に広がり、債券売り・ドル買いの流れが展開されています。ドルに関しては底堅い動きが展開されていますが、この流れはやはりしばらくは続きそうな、そんな感じの局面です。動画でも出しましたが、テクニカル的に見てもドルは底堅い動きが展開されそうな局面でしたからね。

問題としては3%を大きく超えた米10年債利回りの調整があった場合、再度3%を割り込むのかどうかといったところです。そういった動きになるには、米国の金融政策に対するタカ派的な思惑が急激にハト派的になった場合などが考えられます。ただ、現状ではそういった動きにもなりにくいところではないかと思っています。投票メンバーが比較的タカ派が多いといわれている中で、粛々と引き締めの道を進んでいく可能性が高そうです。となると、やはりドルに関しては底堅い動きが意識されやすいということになりそうです。
スポンサーサイト

 | ホーム |