プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

今日はドル円ドル指数の分析です。
先行きには懸念が残りますね・・・

ドル円ドル指数分析!:https://youtu.be/vGYxsXKD_tw
スポンサーサイト
今日は資源他クロス円の日足分析です。
南アランドは意外と強そうです。

資源他クロス円日足分析!:https://youtu.be/BUjSVbozz70
OPECと非加盟産油国が9か月の減産延長を決定しましたが、今日の原油価格は2ドル前後の下落で50ドルを割り込んでいます。噂で買って真実で売るというのはよく言われている話ですが、流れはそんな感じになっています。以前は増産をしても価格が上がった時代があったのですが、今は減産をしても価格は上がらない(そこまで下がっているわけでもないのですが)といった状況になっていますね。

仮に減産を行っても価格が上昇しないということになれば、産油国はこっそりと増産するようになるでしょう。財政的な問題もあり、背に腹は代えられないといったところではないでしょうか。そうなると、さらに価格は下がっていくといった展開になりかねず、産業の面では下支え要員となるのでしょうけど、世界全体的な経済で見るとそれはそれでリスクがあるといったところではないでしょうか。原油価格があまりに下げてくると株価にも影響しますし、地政学的リスクが高まる可能性もありそうですからね。
今日は商品市場の日足分析です。
調整が入る可能性はありそうですが、基本底堅い動きです。

商品市場日足分析!:https://youtu.be/Gzi64VvOlfQ

リスク志向

今日の米国市場もリスク志向の動きが継続する展開です。大きな動きではないもののしっかりとした動きが継続しており、先行きに対する期待感を強める状況となっています。トランプ大統領に対する懸念は残るものの、市場は取り敢えずその懸念を無視しているように見えるところであり、その点に関しては警戒しているところではあります。

為替相場においてはドル円がしっかりとした動きで112円台に入っています。一時からすれば持ち直してきていますが、それでも112円程度であり、やはり上値の重い展開が意識されているように思われます。ダウの動きなどを見ると、もっと円安が進んでもいいような気もしますが、なかなか難しいところです。ドル高というよりもユーロ高が意識されているのがドル円の上値を間接的に抑えているのかもしれません。ドルインデックスなども伸びを欠いていますからね。
今日はドルストレートの日足分出来です。
比較的下値は堅そうです。

ドルストレート日足分析!:https://youtu.be/Ht55t0pHnPw
日付が変わってしまったので、昨日の話になるのですが、Dukascopyさんのセミナーに行ってきました。写真とか取って、SNSにアップしてくださいね~と言われたのですが、人が入ってしまいそうで、その処理が面倒ということで、写真は撮りませんでした。今回は2回目の開催で、前回も実は出席しています。

これはセミナー(?)としたのには意味がありまして、アフィリエイターなどに向けてのものになっていました。と言っても、セミナーの内容は会社案内などがあり、ちょっとピントがずれてる?と思ったところがあったことも事実ですが、こういった取り組み自体はあまり聞かないので、より良い方向へと動いてくれるといいな、と思っています。私はそこまでアフィリエイトアフィリエイトしていないのですが、FX会社にはやはり頑張ってほしいと思うところではあります。

個人的に思ったことは、FX会社でいわゆる国内系と言われる会社と海外系と言われる会社には根本的に違うところがあります。国内系は取引のコストを下げることをサービスのメインと考える傾向にあり、海外系と言われる会社は取引を確実に成立させることを主眼とする傾向にあるのではないかと思っています。これはどちらがいいというわけではありませんし、どののFX会社もその両立をしようとしているとは思います。どちらかしか取れなければ、といったレベルでの話です。ただ、小口の投資家はやはり取引のコストが低い方に流れやすいのではないか、と思っています。

ただ、スイスフランの急騰時などを考えればわかりますが、注文をしっかりと通せるというのはやはり重要な要素です。その意味ではスイス銀行グループであるDukascopyでの取引は一考に値するとは思います。と、あまりアフィリエイトアフィリエイトしていないのですが、まぁ、時にはこういった文章も良いでしょう。ついでにDukascopyさんで取引を考えるなら、私のサイト(http://f-concierge.com/)からいっていただけると、なんちゃってアフィリエイターとしてはうれしいですが・・・無理強いも出来ませんね(笑)
今日は株式市場の日足分析です。
目先は様子見ムードとなっているようですが・・・

株式市場日足分析!:https://youtu.be/vhd7_KMUYUQ

イラクの思惑

原油価格が持ち直し基調で50ドルを回復しているわけですが、先行きに対する警戒感は依然として根強いようです。その理由としてはOPECの減産が失速するのではないかといった見方が強まっているからです。取り敢えずサウジアラビアとロシアの合意報道を受けて原油価格は下支えされていますが、イラクが減産を遵守するかどうかは疑問といった声があります。

現状イラクは3年に及ぶイスラム国との戦いで債務が拡大しており、その埋め合わせをする必要に迫られています。となると、原油を減産している場合ではないということになります。また、イラク南部の主要油田の生産能力が拡大しており、現状でその生産能力を無駄にすることはないとの判断を下す可能性があるということです。この辺りは過去をみてもイラクに限らず闇増産は行われていましたし、今回もそういったことが行われる可能性はありそうです。

そう考えると、今後の原油価格の方向性が重要になっていきそうです。ある程度の価格で推移すれば減産を遵守するでしょうし、価格が崩れてくれば増産、そしてそれが価格下落へとつながるスパイラルに陥る可能性があるでしょう。
今日は欧州クロス円の日足分析です。
基本的には上向きの流れではないでしょうか。

欧州クロス円日足分析!:https://youtu.be/QbJoO0GxRy8
今日はドル円ドル指数の分析です。
上値の重さが意識されそうで、先行きに対する警戒感は強そうです。

ドル円ドル指数分析!:https://youtu.be/VxavyNR0vQ4
今日は資源他クロス円の日足分析です。
目先はやや様子見ムードでレンジ圏での動きが意識されそうです。

資源他クロス円日足分析!:https://youtu.be/fZHLJwESMTk
今日は商品市場の日足分析です。
ここにきて持ち直し基調ですが、まだ上値の重さも意識されそうです。

商品市場日足分析!:https://youtu.be/eyjpqee5dfM

政治リスク

トランプ大統領が苦境に立たされ、それを警戒してのリスク回避的な動きです。まぁ、トランプ大統領に対する期待感から上げてきた相場ということができるでしょうから、そのトランプ大統領にロシアとの癒着疑惑が相次いで浮上する状況は市場としてはリスク以外の何物でもないということになるでしょう。ドル円などはやりすぎではないかと思うところですが、日足で見るとこれからの動き、つまり今日の終わり方は重要なのではないかと思わせる形です。

取り敢えず目先は押し戻し基調ですが、どうにも上値も重そうなんですよね。トランプ大統領がここから持ち直すといったことになれば、これまでの下落から一気に逆噴射となるのでしょうけど、ちょっと難しそうなところもあります。トランプ大統領に万が一のことがあれば、市場は大混乱となりかねません。世界的にもかなりの混乱を生むことになるでしょう。地政学的リスクも依然としてくすぶる中で、かなりやりにくい局面であることは事実でしょう。
今日はドルストレートの日足分析です。
ユーロやポンドと豪ドルとの違いがかなり大きいですね。

ドルストレート日足分析!:https://youtu.be/wnzyTJ_SoIQ
ドル円はかなり上値が重いですね。ユーロ円が125円に到達したらさすがにドル円も、といった話も耳にしましたが、ドルが弱いだけであればユーロドルの上昇がユーロ円に影響を与えてもドル円は伸び悩むなどということはあり得る話です。ただ、ここまでドルが弱いというのもなんとなく違和感といったところでしょうか。米国債利回りがなかなか上昇してこないことも疑問点として挙げることができるでしょう。

ただ、ドル円が急落するという展開も現状では考えにくいところではあります。もちろん、地政学的リスクや政治的な懸念などが意識される中で突発的にリスク回避的な動きが強まるということは十分にあり得得ることではありますが、現状では112円程度では支えられるのではないかとみています。逆に言えば、112円程度までは下値余地があるとは見ているのですが・・・これはテクニカル的な話です。
今日は株式市場の日足分析です。
基本的には買い優勢の流れで日経2万超えも十分にあり得ます。

株式市場日足分析!:https://youtu.be/AEXmRSZtf0I

原油の減産

サウジアラビアとロシアが原油の供給過剰を抑制するため、9カ月の減産延長で合意しています。 ロシアのプーチン大統領は、原油の協調減産を2018年3月まで延長する合意について、原油相場の安定確保につながるとの見解を示しています。こうした動きを受けて、原油価格は1ドル超の上昇となっています。ここからさらに上値を追う動きが展開されるのかどうかに注目です。ここ最近の動きは50ドルがポイントになっており、ここを突破しての動きとなるかどうかに注目です。確かにサウジアラビアとロシアが減産ということになれば、原油価格はしっかりとした動きが意識されることにはなるでしょう。

ただ、逆にここから上昇も出来ないということになれば、原油の先行きに対する警戒感が一気に高まることになりかねません。減産がしっかりと順守されればさすがにそれはないと思いますが、注目してみておく必要はあるのではないかと思います。OPECの足並みがそろうことなどそうそうないので、結局のところは闇増産からの伸び悩みといった展開は十分にあり得そうですが・・・
今回は欧州クロス円日足分析です。
調整の動きはあるかもですが、基本は買いの流れでしょう。

欧州クロス円日足分析!:https://youtu.be/p-EsGRB7AXs
今日はドル円ドル指数の分析です。
上値の重さが意識されやすい状況に見えますが・・・

ドル円ドル指数分析!: https://youtu.be/1I_1qm6hXnw
今回は資源他クロス円日足分析です。
一時的に調整の動きが入りそうですが、下値は堅そうです。

資源他クロス円日足分析!: https://youtu.be/ozHgjy5kB14

動き鈍い

今日のNY時間帯は全体的には動きの鈍い状況ということができるでしょうか。欧州時間帯にポンドなどに動きがありましたが、ここにきて落ち着いた動きです。ダウは軟調地合いですが、そこまで大きな動きにはなっておらず、手掛かり材料難といったところでしょうか。新規失業保険申請件数などを見る限りでは、米国の労働市場に懸念は少ないですし、利上げに関しても6月の可能性が高まってきているように思われます。市場も早期利上げを織り込みつつの展開となるわけで、多少米株の上値が重くなるというのはやむを得ないところでしょう。

逆に言えば、この程度で済んでいるということも出来るかと思います。ダウは2万ドルを上回っての推移ですし、依然として史上最高値圏にあることは事実です。こういった動きを受けて調整の動きが大きなものとなるのではないかといった意見もありますが、よほど突発的な大きな出来事、それこそリーマン級のことでも起きない限りはなかなか難しいのではないかと思っています。数値的には米経済は堅調ですからね。非農業部門雇用者数がマイナスに転じるなどといったインパクトがないと、急激な調整も入りにくいのではないかと思っています。まぁ、警戒感が上値を抑えることで動きが鈍くなっているようにも思いますが・・・
今日は商品市場の日足分析です。
上値の重さが意識されやすい状況ではあります。

商品市場日足分析!: https://youtu.be/yJ7A3xfvaPw

米株底堅い

今日の米株はマイナス圏での推移ではありますが、積極的に売り込む流れにはなっておらず、しっかりとした動きが展開されています。早期利上げ観測などが強まる中でもここまでしっかりとした動きが続いているわけですから、市場はかなり楽観的ということができるかと思います。まぁ、雇用統計などを見る限りではこの動きも理解できるところではあります。

もちろん、調整の動きが入るとなれば大きなものとなる可能性はありますが、現状ではそういった動きになる要因も少ないところではあります。地政学的リスクにしても暴発する可能性はだいぶ低下しています。これに関しては低下したからと言ってなくなるものではないので、警戒は怠れません。とはいえ、警戒感が多少なりとも薄れたというのは市場にとっては良いことです。

ダウの2万ドルは到達するまではかなりの壁にも思えましたが、到達してみたらそれほどでもなかったということになるのでしょうか。まだまだ上値余地はありそうな、そんな感じの流れになっていることは事実ですね。
今日はドルストレートの日足分析です。
欧州通貨は基本的には買い?

ドルストレート日足分析!: https://youtu.be/RFmVE0qZnb8
ドル円が持ち直しているわけですが、今までの推移をみていると、何とも違和感を覚えるところではあります。違和感を覚えるからと言って、おかしいというわけではないのですが・・・

ファンダメンタルズ的に見て、フランスの大統領選挙でマクロン氏が勝利したことや、米国の早期利上げ観測などが好感されていることは疑いようもないところですが、これまでも米国の利上げ観測は意識されていましたし、フランスの大統領選挙に関しては知ったらしまいといった動きもみられているわけです。となると、調整の動きがいつ入ってもおかしくないということになるのでしょうか?

ただ、テクニカル的に見れば、日足ではバンドウォークしており、バンドの下限も下落しています。さらにバンドウォークを継続しても全くおかしくはありません。バンドウォークとなると上値が見えにくくなるため、安易な戻り売りは危険な局面ということができそうです。バンドの下限の動きを見ながらということになるでしょうね。
今日は株式市場の日足分析です。
基本的には買い優勢の形です。

株式市場日足分析!: https://youtu.be/DR-BeIJ4Xsw

仏大統領選挙

フランス大統領選挙はマクロン氏が勝利し、若い大統領が誕生することになりました。ルペン氏とは約倍の得票差ではありますが、いわゆる極右と言われている候補としてはこれまでで最も多くの得票であり、健闘したともいわれています。英国、米国といった流れがあっただけに、市場もかなり警戒していましたが、とりあえず楽観的なムードが広がっています。とはいえ、結果に関しては事前調査からかなり織り込み済みといったところであり、特に為替相場には急激な調整が入っています。

ただ、この調整の動きに関しては一時的なものではないかと思っています。良い悪いは別にして、マクロン氏が勝利したことで、市場にとっては楽観的なムードが広がりやすい状況であることは事実です。EUにとってもフランスが離脱などということになれば、洒落にならない影響が出るでしょう。とりあえずはそれが回避されたわけであり、利食い売りをこなせば、またリスク志向の動きへと変化していくのではないかとみています。
今日は欧州クロス円の日足分析です。
一時的に調整の動きが入りそうですが、トレンドは上向きです。

欧州クロス円日足分析!: https://youtu.be/FglJFHZSYqY

今日はドル円ドル指数分析です。
一時的には抑えられそうな形ですが、どうでしょう?

ドル円ドル指数分析!: https://youtu.be/SfqmTkv9dHI

 | ホーム |  次のページ»»