プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

今日は商品市場の日足分析です。
原油のここからの動きには注目ですね。

商品市場日足分析!: https://youtu.be/aNGxfvPuEno
スポンサーサイト

今回はドルストレートの日足分析です。
こんな時間にアップとなってしまいましたが、
撮ったものをアップするのを忘れるという失態です。

ドルストレート日足分析!: https://youtu.be/-tNb82BXJ5s
昨日、ツイッターである方と少々やり取りをさせていただいたのですが、南アランドの格下げについて、その後の動きとして8円を割り込むかどうかがまずはポイントかな、といったことをつぶやいたら、格下げをしているのに割り込まないということはあるのでしょうか?といった質問を受けました。

これに関しては結局東京時間で割り込んでしまったのですが、個人的にはそこまでの下値はないといった感じで見ていました。チャートの週足のポイントは8円前後の水準にあり、ひげで割り込むことはあっても意外と底堅いのではないか?といった根拠でした。それはまぁさておき、悪い材料が出ているにもかかわらず下げ渋ったり、逆に上昇したりということはないわけではありません。もちろん、状況次第では大きく下げるということはあります。しかし、今回の南アに関しては、内閣改造で先行きに対する警戒感が大幅に高まり、格下げなども十分にあり得る状況だったということが背景にあります。つまり、格下げされてもやっぱりね、といった反応が大半を占めれば、もはや売り手は限定されるわけです。売り手がいなければ、あとは買われるしかありません。もちろん、瞬間的な動きとしては下落するかもしれませんが、下げ渋るとなれば売り手も買い戻さざるを得ません。噂で買って真実で売るというのもそういった動きがあるからです。

一時8円を割り込んだランドですが、目先は8円を回復してしっかりとした動きとなっています。政治的な動きが発端であるだけに警戒は怠れませんが、そこまで下値もないのではないかとみています。

 | ホーム |