プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

今日は株式市場の日足分析です。
やや警戒感が高まっているように感じますが、まだ問題ないとみています。

株式市場日足分析!:https://youtu.be/eNWq2LiYxQU
スポンサーサイト
トランプ相場が継続しているというべきなのでしょうか?トランプ大統領が米入国制限の大統領令に署名したことで、内外から非難や懸念が相次ぎ、今後の政権運営に支障が出るのではないかといった思惑から、米株は大幅に下落しています。これに関してはどうもやり方が良くなかったためということも出来そうで、今後の流れに注目する必要はありそうです。そもそもトランプ大統領は選挙戦時からこういった考え方を持っていたわけで、いまさらこれに対する非難や懸念というのも少し違う気がします。

もちろん、この政策が良い政策かどうかという点は人それぞれ考えがあるでしょうし、それに関しては私はここでは個人的な意見は述べません。現状ではこの政策は維持されるでしょうし、保護貿易的な流れは意識されるでしょう。保護貿易的な流れが維持されることで、リスク回避的な動きが強まる可能性はあります。ただ、それにしても大統領選挙時からわかっていたことであり、ここまで上昇させておいて、いまさら?という気がしないでもありません。とはいえ、それが相場ですので、今のところはその流れに乗っかっておくしかないかもしれませんね。ただ、米経済に関してはGDPが鈍化していたものの企業決算などはおおむね好調ですし、ダウはしっかりとした動きになりやすい局面ではあると思っています。
今日は欧州クロス円の日足分析です。
基本はレンジ圏での動きが意識されているように見えます。

欧州クロス円日足分析!: https://youtu.be/QNXFW8IroWM
今日はドル円とドル指数です。
目先はまだ上値の重さが意識される可能性がありますが、先々は?

ドル円ドル指数分析!: https://youtu.be/4jF9cP3dG6M
今日は豪ドルなどの日足分析です。
一時的な調整の可能性はあるものの、基本的には買い優勢?

資源他クロス円日足分析!: https://youtu.be/K9t-Nyrif-Q

懇親会?

今日はDukascopyさんのセミナーと言いますか、ブロガーさん向けの懇親会?に出席してきました。こういったことは初めてとのことで、なかなか大変そうでした。ちょっとどうしたいのかがわかりにくかったところは否めませんが・・・。DukascopyTVがこれから日本でも動き出すようで、その点は注目しているところです。外資系ではAVAトレードさんにはいろいろとお世話になっていますが、多くのFX会社が様々なサービスを展開していますので、これからの動向に期待したいところですね。

で、相場の方はリスク志向の動きが意識されやすい状況ですが、トランプ新大統領の動向には一定以上の懸念が付きまとうといったところです。特に為替相場はその影響をかなり受けているように思われます。今日のとことはドル円などはかなり戻していますが、しっかりと動向を見極めていきたいですね。

ダウ2万ドル

NYダウが2万ドルを突破しての動きとなっていますね。企業決算の好調などが好感されての動きですが、リスク志向の動きの強さがうかがえる状況です。その割にドル円の上値の重さが気になるところではありますが・・・

トランプ相場は一服したといった話もありますが、ダウを見る限りではそういったことは全くありません。もちろん、2万ドルを超えた達成感から下落基調が強まる可能性は残っています。ただ現状ではまだ2万ドルを突破したという状況であり、ここからさらに上値を伸ばす可能性も十分に残っています。企業決算の好調が続けばさらに上値を伸ばす可能性もあるでしょう。そういった意味での期待感は高いところです。

個人的にはダウの2万ドルは年初に予想していたのですが、日経平均の2万円とドル円の120円がいかにも重いところとなっており、懸念しているところではあります。さて・・・
今日はドルストレートの日足分析です。
ややドル安傾向に修正が入っていますが、基本的な流れは・・・?

ドルストレート日足分析!: https://youtu.be/Ni7SpPj77z0
ドル円は113円を一時割り込んだものの、再度持ち直しての動きとなっています。ここ最近のリスク回避的な動きから進んでいた円高に対する修正の動きが展開されています。いわゆるトランプ相場に対する思惑から乱高下しやすい局面ではありますが、ここまでの期待が強すぎたということはありますので、まずは様子を見ておいた方が良いのではないかと思っています。まだ政権は始まったばかりです。取り敢えずは選挙戦で話していたことの実現に向けて動きつつ、適度に修正を入れていくといった形になると思っていますが、その修正がどの程度、そしてどの分野に入っていくのかを見極めながらの対応となりそうです。

トランプ大統領に対する懸念などはかなり強いものの、相場に関してはダウを大幅に押し上げているわけですし、一定以上の評価をすべきではないかと思っています。保護貿易主義的な考え方が今後どうなるのかは注目すべきポイントではありそうですが。市場としてはトランプ大統領を歓迎しているようにも見えます。まぁ、この相場で損をした人もいるでしょうけど・・・実業家として大きな成功を収め、さらには米国の大統領選挙を勝ち抜いたわけですから、かなりの切れ者であろうことは想像できます。デモ活動などで反対派が相変わらずの行動をしていますが、個人的にはそのあたりに惑わされないほうが良いのではないかと思っています。
今日は株式市場の日足分析です。
全体的にはバンド幅が狭く、方向感は見えにくいですね。

株式市場日足分析!: https://youtu.be/trbIAzCAe1E
今日はリスク回避的な動きが強まる状況となっていますね。トランプ大統領が誕生したわけですが、期待感で上昇していた相場が冷静になったとでも言いますか、調整の動きが意識されているといったところですね。トランプ大統領の発言が現状ではまだ具体性に欠けているといったところが懸念されるところです。保護貿易に関する発言も警戒されているところですね。

トランプ大統領の保護貿易に関する発言などは経済全体で見るとリスクの方が大きいということになるかと思います。経済学的に考えれば、ですが。ただ、経済的に多少不利益になる政策であっても普通に実行する可能性があるということは頭に入れておいた方が良いでしょう。英国のEU離脱に関しても言えることですが、経済を犠牲にしても移民問題を解消したいという思惑があるわけです。これまでは経済こそが至上だったわけですが、それが通用しないといいますか、その考え方に大幅な修正が入っている、ということができるかと思います。その意味で、2016年が転換の年、2017年がその転換の流れが相場に反映される年といった感じになりそうです。
今日はドル円とドル指数の分析です。
日足ではまだ上値が重そうですが、週足では・・・?

ドル円ドル指数分析!: https://youtu.be/yzxakjwvdcc
今日は資源他クロス円の日足分析です。
カナダドルの弱さが気になるところです。

資源他クロス円日足分析!: https://youtu.be/9azmu1Vbp4k
ドル円がさらに上昇して115円台半ばまで一時到達しました。そこからは調整の動きが入っていますが、ドルは基本的に買い優勢といった状況となっています。米国債利回りがさらに上昇といった動きを見せており、それが好感される展開です。米国債利回りに関しては昨日のイエレンFRB議長の発言などが意識されているものと思われます。米国の金融政策に関しては、年内に2~3回程度の利上げを行うといったアナウンスがされているわけですが、市場はこれに関しては懐疑的といったところではないかと思います。トランプ次期大統領との兼ね合いなども利上げに踏み切れないのではないか、といった見方を支えています。

そもそも、利上げに関しては去年も複数回行うといった話をしていたのに、結局はほとんどできませんでした。利上げにより経済が腰折れしてしまったという批判を避けたいとの思惑もあるかと思います。となると、やはり利上げは後手に回る可能性が高いでしょう。個人的には2回程度は行う可能性はあるとみていますが、最終的には経済の状況次第です。今現在は比較的米国には余裕があり、ある程度の利上げは行ってくるだろうという予想をたてておいて、まだ状況が変わったら対応するといったことしかできないでしょう。しかし、今から利上げはほとんどできないという予想を立てるのはちょっと違うかな、と思っています。
今日は商品市場の日足分析です。
原油の先行きに懸念がありそうですが・・・

商品市場日足分析!: https://youtu.be/L5NJ4akdFGU

反転

さて、ドル円などは反転する動きです。米国債利回りが大きく上昇しており、これがドルに対する買いを意識させているといったところとなっています。とはいえ、ドルインデックスなどはそこまで大幅上昇といったわけでもありません。トランプ次期大統領がドル高に対する警戒感を述べており、それがドルの上値を抑えているといったところかと思います。ただ、金融政策を考えると、世界的な緩和の流れに米国だけが引き締め方向に動いているわけで、これを見ただけでもドルに対する上昇圧力は強まりやすいということができるかと思います。

もちろん、FEDがスムーズに利上げを行うことができるのかどうかは別問題です。いくら独立うんぬん言っても政権との関係を全く無視できるものでもありません。となると、利上げそのものがやりにくい環境となる可能性は十分にあるでしょう。そうなった場合はやはりドルの上値は抑えられるでしょう。

とはいえ、政権とのやり取りはもう少し経ってからの話となるでしょうし、目先は引き締め方向で動いているわけですから、ドルを積極的に売り込む流れというものにはやはり違和感があります。個人的には今回の戻りの流れが継続してくれるといいんですけどね・・・
今日はドルストレートの日足分析です。
目先は基本的にドル売りといったところでしょうか。

ドルストレート日足分析!: https://youtu.be/J2YOXUG8a7M
ポンドが乱高下する展開ですね。基本的にはEUの離脱は既定路線でポンド下落、というのが個人的な予想ではあるのですが、メイ英国首相がEU単一市場からの撤退を表明した一方で、最終案について議会の採択約束したことが買戻しの動きを意識させたということになっているようです。

市場は何をもってポンドの買戻しをしているのか、ちょっとよくわからないところはあります。議会の採択に関して報じられていなかった段階ではポンドは下落していたわけで、議会の採択がポンドの買戻しに寄与しているわけです。つまり、議会の採択によって単一市場からの撤退が覆されるという期待なのでしょうか?そんなことが実際にあるのでしょうか?国民投票ではEUからの離脱が決定されており、単一市場に留まることはEU各国からの圧力があって相当の犠牲がない限り難しいでしょう。となると、議会の採決があってもなくても変わらないのではないかと思っています。

となると、ポンドが買い戻されても結局は・・・?
今日は株式市場の日足分析です。
今日の分が含まれているので日経平均の形が悪いですね。

株式市場日足分析!: https://youtu.be/Kr8jNmn9MRg
今日は欧州クロス円の日足分析です。
全体的に売り圧力の強まる状況ですが・・・

欧州クロス円日足分析!: https://youtu.be/osCS9UJyfdQ
遅くなりましたが、来週の相場分析です。
トランプ大統領誕生がどういった影響を与えるのか、注目ですね。

来週の相場分析!: https://youtu.be/Uqfbw14p-G8
遅くなりましたが、ドル円とドル指数の分析です。
目先調整の動きが強まっていますが、週足では・・・?

ドル円ドル指数分析!: https://youtu.be/iKUAouldNME
今日は資源他クロス円の日足分析です。
通貨ペアごとに特徴が出始めているようにも思われます。

資源他クロス円日足分析!: https://youtu.be/jZcIJMvlYjU

ドル円の下げ

ドル円が急激に下げていますが、テクニカル的に見ると週足の1σ、月足の中心線が大体現状の水準あたりにあります。つまりこの辺りの水準を大きく下抜けると次の段階に移行するわけで、先行きに警戒感が高まるといったところではないかと思います。個人的には年前半はしっかりとした動きになるかと思っていたので、このままの推移となると厳しいところではあるのですが、予想が外れることも念頭に入れて対応していかないといけないな、と思っています。

自分の相場観はもちろん大事ですが、それに縛られてしまって対応が遅れるということはやはりあってはならないことですし、君子豹変す、といったことわざがありますが、外れてしまったら申し訳ありませんが、これからも相場は続いていくわけですから柔軟に対応しなければならないことも事実です。

現状ではまだ見方を変えていませんが、反省すべき点は反省し、慎重に見極めていきたいと思っています。

今回は昨日できなかったドルストレートをやっていきます。
続いて商品市場の日足分析です。

ドルストレート日足分析!: https://youtu.be/IlAVniFuWjQ

商品市場日足分析!: https://youtu.be/i-KkFDeywE8
今日の欧米市場は基本は様子見といったところでしょうか。昨日の下落を受けて小幅には上昇していますが、大きな動きにはなっていません。ドル円の影響を受けて東京市場はやや荒れ模様ですが、そっちの方が違和感を覚えるほどに欧米の株式市場は落ち着いています。あまり良い状況ではないように感じていますが、どうなのでしょうね。

やはり、為替相場の影響を受けすぎているように感じるところではあります。これに関しては昔からそうですから仕方のないところではあるのですが、もう少し冷静な動きを期待したいところです。逆に言えば、日本市場の落ち着きのなさや先行きに対する不透明感などがドル円の上値を抑えているのかもしれませんが・・・いずれにせよ、個人的には現状においてはドル円の下落は行き過ぎてきているのではないかとみています。とはいえ、相場はオーバーシュートするものですから、今回の動きが全くおかしいとも思っていませんが、これ以上下げてくる展開はあまり想定していないので、ひやひやしているところではあります。
遅くなりましたが、今日は株式市場の日足分析です。
市場にはエネルギーが蓄積されており、注意が必要でしょう。

株式市場日足分析!: https://youtu.be/O2GCkf2edeA
さて、今日は調整の動きが意識されています。特に原油価格の下落が大きいところですね。ドル円も上値の重い展開です。ただ、米株はそこまで下落していません。やはり米株の下値の堅さが意識されており、リスク回避的な動きが強まっているとは言い切れないのではないかと思っている状況です。問題は米国債利回りの低下が気になるところです。ただ、ポンドの下落が意識されており、ドルの下値は限定的です。リスク志向の動きとリスク回避的な動きがまだら模様となっている状況で、まだ動きにくいところということになりそうです。

それにしてもドル円の上値の重さは懸念されるところです。月足で見れば130円くらいまで行ってもおかしくないようなところで、動き出したら大きそうですが、そのタイミングがいつになるかといったところでしょうか。ここまで売り圧力が意識されると、逆に抜けた時が怖いですね。120円前半に逆指入れても面白いかもしれません。逆に届かなかった場合は下げ幅が拡大ということも考えられるのですが・・・個人的には上だとは思っていますが、油断せずに行きたいところですね。それ以上に今はポンド売りかな?
今日は欧州クロス円の日足分析です。
ここ最近のレンジ相場で市場にはエネルギーが蓄積されています。
これがどちらに動くかに注目といったところでしょうか。

欧州クロス円日足分析!: https://youtu.be/FnE-Zuqb-_k
今日は来週の相場分析です。
特に大きな指標とかは少ないですね。

来週の相場分析!: https://youtu.be/ShobAocoO20

 | ホーム |  次のページ»»