FC2ブログ

プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

商品下落

商品価格が下落しています。原油は50ドルを意識しての動きであり、金は1130ドル前後での動きとなっています。ドルの堅調地合いが意識されていることもありますが、一時はかなり戻していたことを考えると、上値の重さが意識される状況となっています。夏場のドライブシーズンを控えてエネルギー価格が下落することは景気にとって悪いことではないのですが、経済の先行きに対する期待感が高まる中でこういった動きになるのは少し違和感のある所ではあります。

貴金属市場に関しては中国の買いが細っているという話を耳にしました。これに関してはあるかもしれませんね。状況が状況だけに、買いの余力が細っている可能性はありそうです。中国経済のリスクは金に対しては上昇へとつながる展開もありうるのですが、現状では世界経済全体としてはリスク志向であり、そういった動きには繋がっていないようです。

それにしても原油価格が再度抑えられる動きとなってくるとは思いませんでした。底堅い動きが意識されるかと思っていたのですが、思いのほか上値が重いといったところです。インフレへの影響などを意識するとやはり商品価格の推移は重要ですので、専門的に見るかどうかは別として、大体の価格は頭に入れておきたいところですね。
スポンサーサイト



 | ホーム |