プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

ダウ、強すぎ

ダウが今日は100ドル超の上昇でザラ場での史上最高値を更新しての動きです。米企業決算に対する期待感などが意識されている、というのはわかるのですが、安易な戻り売りを飲み込んで上昇しているようで怖いところではあります。スパイクトップ的な動きはあるのかどうか、まずは注目しておきたいところです。

ファンダメンタルズを見る限りでは欧州の政局不安や東アジアの地政学的リスク、米国の年内利上げ観測などの懸念材料がないわけではありません。ただ、そういった動きをスルーしての上昇といったところであり、さすがに怖さを感じるところではあります。とはいえ、下げ始めてこないことには売りも仕掛けられないといったところでしょうか。年内の利上げに関しては織り込んでの上昇かと思われますし、雇用や米企業決算がつまずく可能性も低いのではないかとみています。となると、今のところは底堅い動きを継続するといった見方をせざるを得ないでしょう。
スポンサーサイト

米株が強い!

米株はかなり強い状況が続いています。高値を更新してさらに上昇といった動きです。今日の動画でも見ましたが、ここからさらに上値を拡大する可能性が高く、上昇トレンドが継続しやすい形です。急激な上昇といった動きにはなりにくそうで、バブル的なスパイクトップを形成する可能性は現状では低そうです。となると、調整を入れながらも上値を拡大する動きが継続といったことになり、ここからも期待の持てる状況ということになるのでしょうか。

その一方で欧州はスペインや英国が問題を抱えており、先行きに対する警戒感が出てきています。政治的な問題が経済に波及しそうな、そういった状況です。米株の堅調はそれらの懸念から資金の避難先として考えられている可能性もありそうですね。となると、ドルに対する買い意欲も一定以上は期待できるといったところでしょうか。
今日は株式市場の日足分析です。
リスク志向の動きが意識されやすい状況ではないかと思います。

株式市場日足分析!:https://youtu.be/evZEqg079tw

楽観ムード?

ここ最近の動きを日足で分析すると、リスク志向の動きが意識されやすい状況が継続しているように思われます。一時的な調整の動きはありそうですが、基本的には底堅い動きが意識されています。ダウなども伸びを欠いているものの、依然としてしっかりとした動きを継続していることを考えると、市場は現状のリスクをそこまで重要視していないことがわかります。

現状のリスクと言えば、地政学的リスクは挙げられるかと思います。しかし、市場から見ればそこまで大きな問題ではないと判断しているわけです。これに関してはまさか戦争まで突っ込むとは思っていない、といったところなのかもしれません。これに関しては私も基本的には同じ考えを持っています。九分九厘大きな問題は発生しないとは思っており、確かにこれを織り込んで急落というのは考えにくいところなのかもしれません。

また、米国の年内利上げ観測が高まっても警戒感はそこまで高まっていません。これに関してはドルが底堅い動きを展開していることもあり、それが株価に影響する可能性はあるのですが、現状ではそこまで大きな動きを見せていません。

これらのリスクに関してはこれから多少の動きがあってもそこまでの動きは見せない可能性が高そうに見える状況ではありますね。
今日は株式市場の日足分析です。
喉を傷めまして、声がひどいことになっておりお聞き苦しいところがあるかと思いますが、ご了承ください。

株式市場日足分析!:https://youtu.be/xrXx0Of0_Ro

 | ホーム |  次のページ»»