プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

米株底堅い

今日の米株はマイナス圏での推移ではありますが、積極的に売り込む流れにはなっておらず、しっかりとした動きが展開されています。早期利上げ観測などが強まる中でもここまでしっかりとした動きが続いているわけですから、市場はかなり楽観的ということができるかと思います。まぁ、雇用統計などを見る限りではこの動きも理解できるところではあります。

もちろん、調整の動きが入るとなれば大きなものとなる可能性はありますが、現状ではそういった動きになる要因も少ないところではあります。地政学的リスクにしても暴発する可能性はだいぶ低下しています。これに関しては低下したからと言ってなくなるものではないので、警戒は怠れません。とはいえ、警戒感が多少なりとも薄れたというのは市場にとっては良いことです。

ダウの2万ドルは到達するまではかなりの壁にも思えましたが、到達してみたらそれほどでもなかったということになるのでしょうか。まだまだ上値余地はありそうな、そんな感じの流れになっていることは事実ですね。
スポンサーサイト
今日は株式市場の日足分析です。
事情がありまして、ドイツDAXはやっていません。

株式市場日足分析!: https://youtu.be/cxjHIMMshsg

米株の行方

トランプ大統領の政権運営の先行きに対する警戒感という話は最近よく聞きます。株価の上値を抑える要因となっていますが、ことダウに関していえば、それほど下落しているわけではなく、しっかりとした動きが展開されている状況です。確かに2万ドルを回復してその後下落しているわけですが、現状は19900ドル台での動きとなっているわけですし、警戒感が強まっているといった感じではありません。

これはもちろん、そのほかの要因が大きく影響していることは事実です。米国の企業決算や、金融政策で早期利上げ観測が後退したことなどが挙げられるでしょう。雇用環境も良好というのも好感されるところです。そう考えると、やはりリスク可否的な動きが目先すぐに強まるというのもやはり疑問の残るところではないかと思っています。

ただ、トランプ大統領の政策が他国に与える影響は軽微とは言い切れないところです。各国政府の対応も重要でしょう。米国はやはり無視できない大国であり、こじれるとその影響も大きなものとなります。どうも日本の弱腰が気になるところではありますが、逆に下手に刺激するのも現段階では得策ではないでしょう。どこまで踏み込んでくるのかの間合いを図りながらの対応といったところでしょうか。その意味でなかなか悩ましい大統領の誕生ということができそうです。

ダウ2万ドル

NYダウが2万ドルを突破しての動きとなっていますね。企業決算の好調などが好感されての動きですが、リスク志向の動きの強さがうかがえる状況です。その割にドル円の上値の重さが気になるところではありますが・・・

トランプ相場は一服したといった話もありますが、ダウを見る限りではそういったことは全くありません。もちろん、2万ドルを超えた達成感から下落基調が強まる可能性は残っています。ただ現状ではまだ2万ドルを突破したという状況であり、ここからさらに上値を伸ばす可能性も十分に残っています。企業決算の好調が続けばさらに上値を伸ばす可能性もあるでしょう。そういった意味での期待感は高いところです。

個人的にはダウの2万ドルは年初に予想していたのですが、日経平均の2万円とドル円の120円がいかにも重いところとなっており、懸念しているところではあります。さて・・・

ダウの2万ドル

今日はダウが軟調推移です。大きな下落にはなっていないのですが、手じまい売り圧力が意識されているといったところでしょうか。2万ドルに届きそうで届かない、そんな感じの動きが展開されています。まぁ、年内に突破する可能性は高いとみていますが・・・

日経平均も今日はさすがに上昇するかと思ったのですが、調整の動きが意識されてしまっています。思いのほか2万という数字は意識されているようですね。これに関しては大台感が強いので当然といえば当然のことではありますね。

ドル円も120円という大台を控えて調整の動きです。どれかが超えてくれば意外と早いような気もします。となると、やはり期待すべきはダウということになるでしょう。ダウに関しては2万ドルを超えた後が問題となるかと思いますが、一時的な調整はあっても意外と堅調な推移で上値を追うのではないかとみています。つまり、2万ドルすら通過点となるのではないかと思っています。とはいえ、トランプ次期大統領の政策に関する期待感で上昇してきた相場であり、いざ就任ということになれば、知ったらしまいという動きにならないとも限らない、という点は頭に入れておくべきでしょうね。

 | ホーム |  次のページ»»