プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

そろそろ100日

トランプ大統領が就任してからそろそろ100日が経とうとしています。いわゆるハネムーン期間と呼ばれる時間ですね。実際にハネムーンと呼べる期間だったのかはさておき、ここからの政権運営は色々と風当たりが強まる可能性はありそうです。まぁ、これまでと変わらないという見方もありそうですが・・・

それにしても、ここ最近の相場の荒れ模様はちょっと厳しいところですね。トランプラリーが終了したといった話になっていますが、期待感が高すぎたのかもしれません。まずは調整を入れながら、徐々に落ち着いてくると思いますので、そこからまた方向感を探るといったところでしょうか。ダウなどは基本的には行き過ぎ感もありそうで、それの調整がどの程度入るのかがポイントになりそうです。

ある意味かなり異色の大統領ですから、ここからの手腕に不透明感が漂うのは当然ですが、一国の大統領であることを忘れるべきではないでしょう。
スポンサーサイト
今日は欧州クロス円の日足分析です。
ちょっとマイクの都合で雑音が入ってしまっています。
申し訳ありません。

欧州クロス円日足分析!: https://youtu.be/6pF6hyAjJUw
今日はドル円とドル指数の分析です。
一時的な戻りはあっても上値は重そうです。

ドル円ドル指数分析!: https://youtu.be/ORv-cJLAl0E
今日の動きに関しては欧米とも戻り基調と言いますか、押し目買い優勢といった展開となっているところです。ドル円も一時111円を割り込みましたが、現在は111円台を回復し、底堅い動きとなっています。そこまで力強い動きというわけではないのですが、とりあえずはリスク回避的な動きが一服といったところとなっています。問題はこれがどこまでの上値余地があるのかといったところです。特にドル円は週足で見るとここからの動きはかなり重要であり、今後の展開を占う上でもあまり変な動きはしないでほしいなぁ、と思っているところです。

米株に関してはそもそもが高い水準にあるため、調整に関しては意識されたらどの程度のものが入るのか、少し怖くなるところではあります。1000ドル以上下げてもおかしくはないでしょうし。そうなった場合がドル円にとっては一番のリスクでしょうからね・・・
今日は商品市場の日足分析です。
原油と金の動きはかなり違いがありますね。

商品市場日足分析!: https://youtu.be/_2a8N_ehXfQ

 | ホーム |  次のページ»»